Skip to content

CourseraでGoogle IT Supportその2

   

CourseraのGoogle IT Supportのコース2です。

The Bits and Bytes of Computer Networking

ネットワークについてのコースで、コース1で余裕だぜと思ってたらコース2では結構細かいところを見ていくことになります。そりゃそうだよね、、コース2もWeek 6まであります。

まずネットワークを5階層にわけて見ていきます(5階層目のアプリケーション層がOSI参照モデルの5~7階層目にあたる)が、各階層における重要事項はもちろんのこと、イーサネットフレーム、IPデータグラム、TCPセグメントなどの中身の理解もある程度求められます。またカプセル化やTTLの書き換え等のネットワーク上のそれぞれの機器での動作も理解し、TCPの3-way handshakeでのSYNやACKなどの制御フラグについても見ていく等、必要最低限といえばそうなのですが、初見の人にとってはけっこう覚えることがありそうです。(個人的なところでは、大昔に受けた基本情報技術者試験などを思い出します)

続いてDNSやDHCP、NAT、VPNとやって、インターネットに接続する回線の種類に触れ、最後は恒例のトラブルシューティングについて。pingとかtracerouteとか、あとはIPv6についても。

全体的に内容が詰まっている感じですが、クイズのポイントとしては講義の内容についてある程度覚えていることでしょうか。ググって出てくる情報と少し違う場合があります。いずれにしても十数問あるので、意外とあれ(ちゃんと覚えてないぞ私)ってことがありました。

関連記事

  1. CourseraでGoogle IT Supportその1
  2. CourseraでBlockchain Specializationをとってみた