Skip to content

2019/06

CircleCIでCloudFrontのInvalidation

前回まででステージングと本番の処理を分けたはいいが、CloudFrontのInvalidationをしていないことに今日気づいたので入れました。 参考: AWS S3上の静的コンテンツをCircleCIでdeploy時にCloudFrontのキャッシュを削除する awscliは前回までで入れてあるので、IAMで Read more

ひたすら2要素認証を設定していった日

7Pay関係でセキュリティの話を色々見ていたら、アメリカではSIMスワップ攻撃なるものがあるらしく、こんな解説記事を見かけたので、自分のも見直してみました。 The SIM Swapping Bible: What To Do When SIM-Swapping Happens To You 以前から大事なもので認証アプリ(Google Authenticator)が設定できるものは設定していたのですが、携帯番号 Read more

シンガポールから日本への送金

シンガポールのDBSから日本への送金が手数料ゼロという話を知り合いから聞いたので確認してみました。 Introducing transfers to Japan at $0 fee 現時点のSGD/JPYレートは1 SGDが79.07円です。 上記のDBS Remitで5000 SGDを送ろうとすると、受取金額は390,533円で、1 SGDが78.11円という計算になります。 Read more

CircleCIでBranchによって処理を分ける

Branchによってデプロイ先を変えたい(ステージングか本番か)場合に、$CIRCLE_BRANCHという変数が使えそうなので使ってみた。 command: | if [ "$CIRCLE_BRANCH" = "branch1" ]; then ここにbranch1の場合のコマンド elif [ "$CIRCLE_BRANCH" = "branch2" ]; then ここにbranch2の場合のコマンド fi いちおうこれでステージング用のbranchで記事を書いて Read more

S3でホスティングしているサイトのBasic認証

単なるブログなのだが、ステージングと本番を分けたい気がしてきて、いったんステージングにBasic認証をかけることにした。 参考: S3静的ウェブホスティング+CloudFront+Lambda@EdgeでBasic認証をかける Basic認証自体は参考記事そのもののスクリプトを使えば問題ないのだが、情けな Read more

Hugoの記事にGoogle Analyticsを入れる

HugoにGoogle Analyticsを入れるのは非常に簡単で、config.tomlのgoogleAnalyticsにトラッキングIDを入れるだけですが、Google Analyticsのタグは本番でだけ出力したい場合はテーマのレイアウトファイルを変更する必要があります。 私の場合もテーマのディレク Read more

Hugoの記事のパスを変更

デフォルトで、記事のURLが記事タイトルになってよくないので、config.toml の permalinks の postの設定を post = "/:year:month/:filename/" に変更。(出来たてだからできる技ですね…)

Hugo, CircleCI, S3, StackEditでブログを開設する

Middlemanで作ったはいいが、やっぱり面倒くさくなって放置してしまったので、もっと面倒くさくない方法を探して3日。 Hugoを使いS3で公開し、さらにStackEditででも書くと自動的に公開されるようになってればそんな面倒くさくないんじゃないかということでやってみました。 Hugoのインストール Read more